中央クリニック

WEB予約Web Reserve

お手元に診察券をご準備の上ご予約ください。

男性不妊外来
お問い合わせContact

妊娠・不妊治療のご相談
お問い合わせはお気軽に!

  • お問い合わせはこちら

中央クリニックは特定不妊治療費助成事業指定医療機関です。
お住まいの地域によって助成内容などが異なりますので、詳しくはお住まいの県・市町村のホームページ等をご覧下さい。
なお、当クリニックは栃木県や茨城県以外の地域にお住まいの方でも助成を受けていただくことができます。
詳しくは、窓口またはお電話にてお問合せください。

助成金について

栃木県の助成金について

助成金

Central Clinic

当サイトに掲載されている各種情報は、できるだけ正確なものを掲載するように努めておりますが、情報内容を保障するものではありません。
また、当サイトのご利用によって生じたあらゆる損害に関して、当サイトの運営者は一切の責任を負いません。
中央クリニックは、栃木県特定不妊治療実施医療機関に指定されています。

特定不妊治療費助成事業について

特定不妊治療(体外受精および顕微授精)、男性不妊治療に対して栃木県(宇都宮市にお住いの方は、申請先が宇都宮市になります)へ申請することで保険適用外の部分に関わる治療費の助成を受けることができます。
厚生労働省による制度の概要はこちらをご覧ください
※平成28年度より制度の一部が変更となっています。

改正点
  • 治療期間初日の妻の年齢が43歳未満のご夫婦が助成を受けられます。
  • 初回申請時の治療開始初日の妻の年齢による助成回数の制限について
    ・40歳未満の場合、43歳になるまで通算6回助成を受けられます。
    ・40歳以上43歳未満の場合、43歳になるまで通算3回助成を受けられます。

助成を受けることができる方

主な要件は以下の通りです。

  • 法律上のご夫婦であること
  • 指定された医療機関で特定不妊治療を受けたこと
  • 県内(宇都宮市に申請の場合は、宇都宮市)に住所があること
  • ご夫婦の前年の所得合計が730万円未満であること
    (1月から5月までの申請の場合は、前々年の所得)
  • 特定不妊治療以外の治療法によっては、妊娠の見込みがないか又は極めて少ないと医師に診断されたこと
  • 治療開始日の妻の年齢が43歳未満であること

助成内容

治療
ステージ
栃木県
初回 2回目以降
A 30万円 15万円
B 30万円 15万円
C 7.5万円 7.5万円
D 30万円 15万円
E 30万円 15万円
F 7.5万円 7.5万円
治療
ステージ
宇都宮市
初回 2回目以降
A 30万円
  • ・治療金額が35万円以上
    →25万円
  • ・治療金額が15万円を超えて35万円未満
    →15万円を超えた額の1/2+15万円
  • ・治療金額が15万円以下
    →全額
B 30万円 治療ステージAと同様
C
  • ・治療金額が27.5万円以上
    →17.5万円
  • ・治療金額が7.5万円を超えて27.5万円未満
    →7.5万円を超えた額の1/2+7.5万円
  • ・治療金額が7.5万円以下
    →全額
初回と同様
D 30万円 治療ステージAと同様
E 30万円 治療ステージAと同様
F 治療ステージCと同様 初回と同様

<参考>治療ステージごとの治療内容

治療
ステージ
治療内容
A 新鮮胚移植を実施
B 凍結胚移植を実施(採卵から凍結胚移植)
C 以前に凍結した胚を解凍して胚移植を実施
D 体調不良等により移植のめどが立たず治療終了
E 受精できず又は胚の分割停止、変性、多精子授精などの異常授精等により中止
F 採卵したが卵が得られない、又は状態のよい卵が得られないため中止
G 卵胞が発育しない、又は排卵終了のため中止
H 排卵準備中、体調不良等により治療中止

男性不妊治療(特定不妊治療にいたる過程の一環としての手術)を行なった場合は、上記に加え1回の治療につき15万円まで。
ただし、治療ステージCを除きます。

また、宇都宮市では保健適用外の人工授精治療費に対する助成も行われています。
宇都宮市に居住している年間所得730万円未満の夫婦(夫婦の合算)に対して、1年度につき治療に要した費用の1/2、上限32,000円を通算2年度に渡って助成しています。

申請について

■栃木県内(宇都宮市を除く)に住所を有する方

住所地を管轄する広域健康保健センターへ申請を行ってください。

■宇都宮市に住所を有する方

市役所、地域自治センターまたは地区市民センターが申請先となります。
詳細は、こちらをご覧ください。

栃木県内における各自治体独自の助成について

各自治体独自の助成についてご案内します。
なお、制度内容については改正されている場合もありますので、実際に不妊治療を開始する前にお住いの各自治体へお問い合わせください。

  • ・助成額については、上限額を記載しています。
  • ・各自治体の助成額は、栃木県から助成を受けている場合、それらを除いた額が対象となります。
自治体 対象となる治療 助成額(限度額) 助成回数
足利市 参考URL 不妊治療 20万円/年度1回1治療 通算5年間
栃木市 参考URL 不妊治療 要した費用の1/2
15万円/年(H28年4月〜)
通算5回
佐野市 参考URL 不妊治療 要した費用の1/2
15万円/年
所得制限あり
通算5回
鹿沼市 参考URL 不妊治療 要した費用の1/2
15万円/年
通算5回
日光市 参考URL 不妊治療 要した費用の1/2 または15万円の少ない方
15万円/年
年数制限なし
小山市 参考URL 不妊治療 要した費用の1/2
5年間で上限100万円
申請後に分娩したら以降はなし
5年間
真岡市 参考URL 特定不妊治療、
人工授精
要した費用の1/2
15万円/年
ただし、平成28年度以降に特定不妊治療の助成申請が初回の場合に限り、30万円まで助成
通算5年間
大田原市 参考URL 特定不妊治療、
人工授精
人工授精 2万円/回
特定不妊治療 10万円/回
人工授精 通算5回
特定不妊治療 2回/年
(初年度のみ3回)
通算5年間で10回
矢板市 参考URL 特定不妊治療、
人工授精
10万円/回 回数は栃木県に準じます。
那須塩原市 参考URL 不妊治療 要した費用の1/2
30万円/回
通算5回
さくら市 参考URL 特定不妊治療、
人工授精
15万円/1回
2万円/1回
1年度2回限り
通算5年間
那須烏山市 参考URL 不妊治療 要した費用の1/2
20万円/年
通算5年間
下野市 参考URL 特定不妊治療、
人工授精
男性不妊治療
人工授精 5万円/回
特定不妊治療 10万円または5万円/回
男性不妊治療 10万円/回
人工授精 通算2年
特定不妊治療および男性不妊は県に準じる
上三川町 参考URL 特定不妊治療、
人工授精
要した費用の1/2
20万円/年
通算5年間
益子町 参考URL 特定不妊治療、
人工授精
要した費用の1/2
15万円/年
通算4年間
茂木町 参考URL 不妊治療
男性不妊治療
要した費用の1/2、15万円/年
要した費用の1/2、10万円/年
通算5年間
市貝町 参考URL 不妊治療 要した費用の1/2
15万円/年
通算4年間
芳賀町 参考URL 不妊治療 要した費用の1/2、15万円/年 通算5年間
壬生町 参考URL 不妊治療 要した費用の1/2
10万円/年
通算3年間
1年度あたり2回まで
野木町 参考URL 不妊治療 要した費用の1/2
15万円/年 夫婦合算不可
通算5年間
塩谷町 参考URL 不妊治療 要した費用の1/2
10万円/年
通算5回
高根沢町 参考URL 不妊治療 要した費用の1/2
20万円/年
通算5年間
那須町 参考URL 不妊治療 要した費用の1/2
20万円/年
通算5回
那珂川町 参考URL 特定不妊治療、
人工授精
要した費用の1/2
10万円/回
通算5年間
1年度あたり2回まで
  1. トップ > 
  2. 助成金について > 
  3. 栃木県の助成金について