中央クリニック

WEB予約Web Reserve

お手元に診察券をご準備の上ご予約ください。

男性不妊外来
お問い合わせContact

妊娠・不妊治療のご相談
お問い合わせはお気軽に!

  • お問い合わせはこちら

中央クリニックは特定不妊治療費助成事業指定医療機関です。
お住まいの地域によって助成内容などが異なりますので、詳しくはお住まいの県・市町村のホームページ等をご覧下さい。
なお、当クリニックは栃木県や茨城県以外の地域にお住まいの方でも助成を受けていただくことができます。
詳しくは、窓口またはお電話にてお問合せください。

宇都宮中央クリニック

スタッフ紹介

院長花澤 司

Tsukasa Hanazawa

1963年生まれ。 1990年昭和大学医学部卒業。 同年昭和大学医学部第二生化学教室大学院へ入学。 1993年昭和大学附属旗の台病院入局。 大学病院在籍中は不妊内分泌を専門とする。 1998年昭和大学医学部第二生化学教室大学院卒業後、医師博士号を取得。 同年佐野厚生総合病院産婦人科医員、 2002年昭和大学附属藤が丘病院産婦人科助手、 2003年佐野厚生総合病院産婦人科医長を経て、 2009年宇都宮中央クリニック院長に就任し、現在に至る。

「喫茶店のマスターみたいな医者になりたい。」それがわたしの目標です。

患者さんが気楽に何でも話をしてくれる。そのことが結局、病気の早期発見・早期治療につながる。患者さんが我慢しすぎない。そして、患者さんの悩みを解決 するお手伝いができる。

そんな医者になりたいと私は思っています。

わたしはこれまで総合病院の産婦人科で不妊治療に取り組んでまいりました。

今般、不妊治療専門医になるうえで、自分自身で赤ちゃんを取り上げられないのはすごく寂しいのですが、より多くの方が赤ちゃんを抱く幸せを実現するためのお手伝いができたらと思っています。

菅藤 哲

Satoru Kanto

1990年東北大学医学部卒業。同大学泌尿器科学専攻。
その後、東北厚生年金病院部長、米国バーナム研究所、東北大学泌尿器科助教授を経て
2010年、国際医療福祉大学塩谷病院准教授、この頃より宇都宮中央クリニックと診療連携開始。
2014年6月 山形徳洲会病院勤務、および宇都宮中央クリニック非常勤となる。

この度宇都宮中央クリニックで男性不妊外来を担当することになりました。
これまでに習得した技術、経験をもとに男性因子を的確に診断治療し、最大の治療効果を生み出すようにしていきます。
男性不妊専門医師は全国的に不足しており、仙台市、山形市、東京都でも診療を展開しています。

無精子症に対する顕微鏡下精巣精子採取術は現在私が最も得意とする分野ですが、その他精索静脈瘤に対する手術および内科的治療により数々の患者様に自然により近い妊娠をもたらしてきました。

高度生殖医療と男性不妊治療の組み合わせが必要な局面はありますが、男性不妊治療を受けられることによりステップダウンが可能になることは珍しくありません。

宇都宮中央クリニックでの診療を通してご夫婦方々と喜びを共有できればと思っております。

  1. トップ > 
  2. 中央クリニックとは > 
  3. 宇都宮中央クリニック > 
  4. スタッフ紹介